金融OLの陸マイラーとSFC、JGCも始めました

2017年SFC修行解脱、2018年JGC修行予定の陸マイラーOLのブログです。

JGC修行に出たくて妄想ルート作成中

先日、JGCを口にしてから、ずーっとJGC修行に出たくてたまらなくなってしまったマママイラーです。

JALふるさとに帰ろうクーポンの存在と、あともう一つ、ブリティッシュエアウェイズの存在が私を修行に駆り立てます(笑)

なぜJGCに気持ちが揺れるか?

SPGのスターポイントをマリオットリワードに交換して、来年は7連泊をハワイでする予定(妄想ともいいます)です。
その際、7連泊&各航空会社のマイルもゲットできるのです。

還元率はユナイテッド航空が最大です。
最大交換で132000マイル。
ANAの交換では85000マイルです。
ただし、ユナイテッド航空は国際線利用の場合、ANAよりも必要マイル数が多くなります。
たとえば、我が家がよく利用しているグアム便ですと、ANAマイルなら1人20000マイルで往復できますが、ユナイテッドマイルだと25000マイル必要になってきます。

レギュラーシーズン以上の国内線利用(ユナイテッドマイルでANA国内線を予約する)の場合であれば、ユナイテッド航空から予約した方が得なので、国内線利用を主とするならユナイテッドマイルに交換するのもいいかなー、と思っていました。
しかし、、
ユナイテッド航空からの特典航空券予約の場合、ANAからの予約のように2ヶ月と2週間前からの予約作成が利用できません。
さらに、特典航空券の変更にも手数料がかかるようなのです。。

シーズンオフにはなかなか旅行に行けない我が家としては、オンシーズンに予約が取りにくくなってしまうのは残念すぎます。
マイルは使わないと意味がないですからね。

それならやっぱりANAマイルかな?とも思ったのですが、昨年のハワイ便の取りにくさを思うとプラチナでも取れない特典航空券の取りにくさに悩んでしまいました。

そこにふと呼びこんできたブリティッシュエアウェイズの文字。
同条件で120000Avios(マイル) です。

ブリティッシュエアウェイズといえば、アメックスゴールド祭の際に有名になりました…よね?(笑)

ブリティッシュエアウェイズはワンワールド系なのでJALの国際線、国内線の利用ができます。
国内線の場合はユナイテッド航空と同じで、レギュラーシーズン以上ならJALで発券するより少ないマイル数で発券することができるようです。
さらに、ハワイ便が1人40000マイル!
120000マイルあれば3人分予約できちゃうわけですね!
そして、JALの方がANAよりも特典航空券が取りやすいらしい、という都市伝説も信じています(笑)

もともと、2018年はJALマイラーデビュー宣言していたこともあり、気持ちが激しく揺さぶられております…!

さて、修行するならどっち?!

JALのJGC修行は、ANAと違って2つの方法から選ぶことができます。
1つ目は、50000FOPの達成。
2つ目は、50回以上搭乗の達成。

1つ目はANAのプレミアムポイントと同じですね。
2018年に修行する場合、JALカードを保有して搭乗すれば初回5000FOPが貰え、りそなJALスマート口座を開設すれば1000FOPがもらえるので、実質44000FOPでいいそう。
これは修行チャンスですよね!
JGC修行について色々調べていくと、ANAよりも沖縄路線は貯まりにくいことが分かってきました。
ANAプレミアムクラスにあたる、国内線ファーストクラスを設置している便が少ないこと、そして予約しにくいこと。。
JGCFOP修行の場合は海外修行の方も多いということ。
クアラルンプール、シンガポールを修行先に選ぶ方が多く、また海外発券をすることでコストダウンにつなげているようでした。

金曜の午後に半休をとって、羽田からシンガポールへ。
シンガポールからクアラルンプールへ行き、クアラルンプールから海外発券で成田へ。
成田からクアラルンプールに戻り、クアラルンプールからシンガポールへ。
そしてシンガポールから東京着が月曜の朝。
というルートが私の中では最善でした(笑)

KUL-NRTの往復を海外発券のプレエコにするとFOP単価7円台です。
SIN-KULの往復はビジネスにしても大してFOPが貯まらないのに単価が高額になるのでエコノミーで。
TYO-SINの往復はプレエコにして、このルート2回で達成?!

いやー、、

1人海外修行。
すんごくやりたいんですけど、、
さすがにオットに言いだせません…
同じ二泊三日(いや、1泊4日です)で不在なら、国内修行の方がまだ了解を取りやすいと思います。。
ということで、国内修行の妄想にチェンジ!
国内修行なら、50回で達成コースを目指した方が低コストでいけそうです。

羽田ー那覇・離島周遊と羽田ー伊丹ー但馬ルートで達成

現在のシュミレーションでは、沖縄二泊三日を2回と、大阪日帰りを1回の計3回で達成予定です。

①金曜日に有休をとり、子どもを預けてからスタート
昼まで那覇につく便は結構お高いです。
ここをユナイテッドマイルでANA便を使っていくことで単価を下げる作戦です。

12:00那覇ー12:55宮古
13:30宮古ー14:25那覇
15:15那覇ー16:10宮古
16:45宮古ー17:35那覇
18:20那覇ー19:10宮古
19:50宮古ー20:40那覇

金曜日は那覇泊。これで6レグです。

②土曜日は朝からアイランドホッパー
土曜日は朝から離島をひたすら飛びつづけます。
7:25那覇ー8:15宮古
9:25宮古ー9:50多良間
10:20多良間ー10:45宮古
11:30宮古ー12:05石垣
12:30石垣ー13:05与那国
13:35与那国ー14:10石垣
14:40石垣ー15:15宮古
15:40宮古ー16:05多良間
16:35多良間ー17:00宮古
17:25宮古ー18:00石垣
18:45石垣ー19:20宮古
19:50宮古ー20:40那覇

土曜日も那覇泊。これで12レグ、合わせて18レグです。

③日曜日は昼には羽田に帰ります。

7:25那覇ー8:15宮古島
8:55宮古島ー9:40那覇 10:00那覇ー12:20羽田

日曜は3レグです。
あたしおかあさんだから、ということで?
いや、お父さんでもお母さんでもそうだと思うんですけど。流石に土日フルで任せるのは申し訳ないので早めに帰ります。

これで21レグです。
2回で42レグ!
2回とも完全一致ではつまらないので、金曜の午後修行は那覇ー久米島の3往復レグと交互にするかもしれません。

久米島ver
13:30那覇ー14:10久米島
14:50久米島ー15:30那覇
15:50那覇ー16:25久米島
16:50久米島ー17:25那覇
18:10那覇ー18:45久米島
19:10久米島ー19:45那覇

久米島の方がスタート時間が遅く、終わりが早いのでいいのかも。
羽田発時間を一本遅らせることもできますね。

土曜日の島巡りですが、色々シュミレーションしましたが、このルートが最もレグが稼げるかと思いますので、2回とも同じルートになるかと。

4月の金曜日で計算 42900円→7150円/1レグ
4月の土曜日で計算 89100円→7425円/1レグ
4月の日曜日で計算 25190円→8396円/1レグ
平均7485円です。

次に羽田ー伊丹ー但馬ルートです。
こちらもJGC修行僧御用達ですね。

6:30羽田ー7:35伊丹
8:45伊丹ー9:20但馬
9:50但馬ー10:25伊丹
14:20伊丹ー15:05松山
15:35松山ー16:20伊丹
17:00伊丹ー17:35但馬
18:05但馬ー18:40伊丹
19:30伊丹ー20:40羽田

10:25に伊丹についてから14:20に出発するまでにどこかに行きたかったのですが、どこにも行けませんでした…。
この日は8レグです。
戻り時間が遅いので、平日催行はちょっと難しい予感です…。
土日どこかで行う感じになるかと思います。

5月の土曜日で計算 61480円→7685円/1レグ

なのですが、ここにふるさと納税を利用したいと思います。
奈良県曽根村のふるさと納税で、JALふるさとに帰ろうクーポンをゲットします。
2万円の寄付で13000円分の割引に利用できます。
そうすると、48480円になるので6060円/1レグと一気に下がります!

さらに、、朝来市のふるさと納税特典を利用して、4回分の但馬空港利用分に3600円(先得)または3300円(ウルトラ先得)の助成を受けたいと思います(^^)
これでさらに少なくとも13200円下げることができます。
35280円となると、4410円/1レグに!

さて、これで50レグ達成です。
計、349660円です。
1レグ6993円となりました。

うーん?!
なかなかいい成績だと思うのですが、どうでしょうかー。。

これでオットにプレゼンしてみたいと思います。
承認おりるかなー、どうかなー。。
承認おりますように…。