金融OLの陸マイラーとSFC、JGCも始めました

2017年SFC修行解脱、2018年JGC修行予定の陸マイラーOLのブログです。

ふるさと納税でほぼ無料で国内旅行にいく方法

旅行にいきたい…
最近そんなことばかり考えて生きています(笑)
先立つものもないし、どうやっていくのがいいか色々考えていたら、いいことを思い出しました。

航空券はふるぽで

ふるさとチョイスのふるさと納税でもらえる「ふるぽ」を使って「JALふるさとへ帰ろうクーポン」をゲットすることです。

このクーポンは、現金のように支払いに充てることができます。
ただし、ポイントを使い切る必要があるので多めのポイントに交換するよりは少なめに交換して残りを現金で支払う形を取ることになります。
また、通常の予約と違い、ネット上では予約がとれないのでJTBの予約センターに電話する必要があります。

・受け締切は予約期限の5日前
・パッケージ商品、回数券は対象外
・本人、または本人と同行する場合しか利用できない
・キャンセル待ちができない
などが通常の予約と異なる点です。

マイルも貯まるしFOPポイントも貯まるので、JGC修行に活用することもできちゃいますね。

寄付する自治体により還元率が異なり、同じ行き先(発着空港)でも変わることがありますので、しっかり比較して選びましょう(^^)

現在、以下の空港発着の航空券が対象となっています。

1番、ポイント還元率が高いのは、奈良県曽爾村です。
なんと65%還元!!
10000円の寄付で6500円分ポイント還元ですからね!

1万円単位で寄付できるところも庶民には嬉しいところ。
10万円も上限ないですから…( ; ; )
関西から旅立つ人ならどこでも行けちゃいます!
我が家の場合は羽田空港が本拠地なので、関西への旅行の際に重宝しそうです。

行きたい方面で考えていくと、

ANA便が飛んでいない和歌山南紀白浜空港を利用してパンダに会いたい時は、和歌山県湯浅町にふるさと納税すると50%の還元率です。

やっぱり沖縄でリフレッシュしたい時は、沖縄県豊見城市にふるさと納税すると40%の還元率です。

鹿児島で屋久島、奄美大島など自然と触れ合いたい時は、鹿児島県の対象ふるさと納税先はすべて45%還元になっているのでどこでもお好きなところを選んでください。
奄美大島空港や屋久島空港が対象になっているかどうか、要確認です。

普段、ANAマイラーだとどうしてもANAが発着している路線でしか旅行を検討しないのですが、このクーポンを使えばJALのみの路線のところも行きやすくなるのでいいですね!

宿泊先もふるさと納税でタダにできます。

ふるさと納税のサイトを見ると、無料宿泊できる特典も多数あります。
ただ、そういうのって結構お高いのですよね。寄付金が。
なので、それなら旅行サイトで安いところを調べて泊まった方がお得感がある気がします。
今回のブログの主題とずれますが(笑)

代わりに?無料宿泊権を得られる株主優待について、次回記事で紹介したいと思います(^^)

この記事を書いていたら、飛行機に乗りたくなってきました…。
JGC修行したい、と言い出したら流石にオットに止められるのかな…(笑)